ピースとピコとムースの満腹な毎日
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りん
 
[スポンサー広告
続き…(3)
ピースにメールやキレイなお花、コメント、本当にありがとうございました。

ピースもお尻としっぽを振って、笑顔で喜んでいる姿が目に浮かびます。

本当にありがとうございました。 心から感謝申し上げます。


25日(日)、今日でピースが虹の橋へお出掛けして2週間。
最初病院へ行った時は、まだ今頃治療して少しずつ元気になってく日々を想い描いていました。
病名が分からなくても、長期に渡って闘う病気だとどこかで覚悟しながらも、まだまだピースと一緒に歩んでいけるものだと思っていました。

ピースの姿がない生活、本当に不思議です。
存在が大き過ぎます。。。
茶の間にないピースの姿、、、廊下や玄関、二階やベランダで寝てるんじゃないかと思ってしまうのです。
だけど何処を覗いても見当たらない。抱きしめたいのに抱きしめられない。
やり場の無い気持ちに正直今でも押しつぶされそうで、現実を突き付けられます。

毎日、毎日、ピースの姿がない朝が来る事が正直に辛いです。

何かで笑う日があっても、家族全員がまだ辛い。私だけではない。

あの週末が今でも忘れられなく、何かをしていてもあの時から心が動けない。
記憶というものは薄れてしまう部分もあって、でも忘れたくない事もいっぱいある。
だから早く書き留めなきゃ!と思っても、ずっとあの時の事を思い出していても、書くとなると辛くて延ばし延ばしになってました。

いざこうして書く気になると、ピースと居たシルシを少しでも多く書きたくて長くなりそうです。
何回かに分けて書いていこうと思います。

以下、メモを兼ねてピースが闘った続きの内容になります。
(思い出しついでにこの先も文を足す事があるかと思います。)
もし内容をきつく思う方がいましたら、ここでご遠慮願います。。。





7月10日(土)、ピースを病院へ預けてからの続きです。

ピースを病院へ預け、私は1番上の姉のアパートへ寄った。
いつもならちょっと調子が悪くても回復していくピースを当たり前に思っていて、なのに今回は良くなっていかない事が不安でどうして良いか分からなくて、それでも私はゆっくりゆっくり元気になる事を信じて、でも何故ピースがこうなってしまっているのか、白血球の数値が戻ってくれてないのか…繰り返し思って姉の前で泣いた。

家にはピコがいる。
ピコ、まだごはん食べてない。帰らなきゃ。。。

家に着いてからも涙が出る。
じぃじとりん姉(2番目の姉)が『ピースは?』と聞く。
『白血球が良くならない。今日も点滴。今日は1リットル。5時半にお迎え。』と答えたら『アンタがしっかりしなくてどうするの。ピースだって不安がるでしょ。』と言ってくれた。

ネットで色々調べた。よく分からない。

夕方になってきて、ピースを迎えに行くまでもう少し時間がある。
少しでもキレイにしてピースの身体に負担が掛からないようにと、ピースとピコのケージをお掃除して部屋の窓を拭いたり掃除機を掛けたり。
夜ごはんも作った。今日はお魚。細かく切って茹でた。大根も細かい細切りにして、免疫をとしめじも細かく。


そろそろピースをお迎えに行かなきゃ…!
17:05pm過ぎくらいに家を出た。
ピースを心配して、りん姉もいっしょにお迎えに行った。

17:25pm、病院に着いた。
『ピーシュまだかなぁ。』そう思いながら待合室で待っていた。

17:50分頃だろうか。診察室に呼ばれた。
ピースとご対面して先生から説明を受けるかと思ったら私一人…。

『熱が下がると少し食欲が出る事が分かりました。さっき少しごはんを食べました。おしっこも1回。』
『ただ白血球は昨日より下がってるんですよね。決して良い数字とは言えない。白血球の中に好中球というのがあるんですが、それは白血球の中で7割程を占めるもので特にそれがピースの場合少ないんです。』などと説明を受けながら、先生が本を取り出してきた。

じゃあそれって病気はなんなの…??そう思う中、先生はその好中球が減ると考えられるたくさんの病名の中から消去法で絞っていった。

そして残ったのが『異物による腹膜炎。何らかのウイルス。最悪の場合白血病。』この3つ。
少し白血病ではと思っていた私はグッとその言葉がのしかかって来た。


『とにかく今は熱を下げて食事を摂る。白血球を下げてる原因を探す為に月曜日にCTと骨髄検査しましょう。CTをする為には全身麻酔が必要です。骨髄を取るにも全身麻酔が必要なので負担が掛からないように同時にやります。』と説明を受けた。

『家で熱が上がってきてしまったらアイスノンとかで冷やしもいいですか?』と聞くと『それは結構です。やってあげてください。』と仰ってくれた。
『エアコンとかはどうでしょうか…』と聞くと『ん~本人が(熱で)辛いでしょうから直接当たらないようにしてあげれば大丈夫でしょう。人間も同じですからね。』と仰ってくれた。

『家で熱が上がってきちゃったらどうしたら良いですか?』と聞くと何やら当番医を確認して『明日朝9時に来て下さい。』と言われ先生は当番医に翌日の治療説明をした。
血液検査と点滴と注射。ペニシリンもと言っていた。
“ペニシリン…相当強いな。(症状が)そこまでか…”と病気から目を逸らしてはいけないと、向き合わなきゃと思った。


明日も病院か…と思ったけど、明日は日曜日。本来病院は休診日。
それでも病院を開けて治療をしてくれる。
ちょっとホッとしながらも、ピースは今そこまでしなきゃいけない身体なんだ…と現実がただ目の前にあった。

『急にこんな事になっちゃったけど、頑張りましょう。』と先生は仰ってくれた。
ここで笑わなかったら泣いてしまいそうで動揺している自分が分かった私は、苦笑いに『頑張ります。』と返事をして一度診察室を出たのでした。


続く…。




スポンサーサイト
Posted by りん
comment:6   trackback:0
[病院・病気

thema:わんことの生活 - genre:ペット


ありがとう

2010年07月11日(日) 午後3時15分 ピースは虹の橋へお出掛けしました。

まだ5才9ヶ月でした。
これまでピースとたくさん遊んでお話して下さり、皆様本当にありがとうございました。

病院から連絡をもらい、じぃじと私と姉の3人で病院へ向かったのですが、あと5分というところでピースを看取る事が出来ませんでした。間に合いませんでした。
着いた時は機械に繋がれて呼吸をしていただけで、もうピース自身は逝ってしまっていたのです。

まだ私の心はこの現実を受け止められず、気を持ち直しては、ふとピースの思い出やピースが残してくれた家のあちらこちらにある芸術(壁の傷やボロボロのおもちゃ)や、ピースにしていた私の習慣…
泣いていてはピースが虹の橋を雨で渡れなくなせてしまうのは分かっているのに、涙が止まらないのです。

死因も特に分からないままで、本来なら今頃、全身麻酔でCTに入り、そのついでに骨髄を取り原因を探す予定でした。

きっと腹膜炎かウイルスか白血病、この三点のいずれかが死因です。

先生から電話を頂き、メスを入れて原因を突き止めるお話を頂きましたが、ピースにとって辛い数日間、こんなに優しくていい子にもうメスを入れるなんてしません。
きれいなまま送ります。

もう白血球が朝500程度しかなかったはずで、その後は赤血球も白血球もゼロになったようです。
10日(土)までは血液検査の結果、肝機能など数値は異常なし。
しかし11日は悪くなっていたようです。
また先生から詳しく聞いてくる予定でいます。

ご近所の方で大型犬を飼っていた方が二人、朝、ピースに会いに来て下さりました。
『なんか動いてるみたい。ただ寝てるだけみたいよピース…』
『いい顔してるね。優しい。』

また続きを書きます。。。

Posted by りん
comment:6   trackback:0
[未分類
続き…(2)
夜中1時代に吐き気を2~3回。

7月10日(土)、昨日のうちに休暇をもらっておいた。

朝、気力はあるけど、あまり動きたくない様子。
水もお芋も牛乳もイラナイと顔を背ける。状態が元に戻ってしまった。
病院へ行こうとハーネスを着ける時、やっとで起きてその後おしっこ。
真っ黄色だった。
その後すぐ空咳のような吐き気をするが何も出ない。

8:05am病院へ出発。病院に着く手前でまたまた吐き気。
家から病院までは15分程で病院に着いた。

車から下す時、口の回りを拭いてあげたら黒い目やにのようなヨダレ。
『これ、今朝私のベッドシーツにも付いてた。』と気付いた。
昨日に続いてヨダレも粘りがある。だけど透明なヨダレだったり少し白く濁っていたり、赤黒かったり…。
ピースを抱きしめたら熱が上がっていた。

20~30分待って診察。待ってる間にも吐き気が一回。

先生に昨日家に帰ってから今病院へ来るまでの事を話す。

病院で熱を測ると40.6度。やはり熱が上がっていた。
血液検査をしたら、昨日1200と少なかった白血球が700と更に減っていて、正常だった赤血球も減っていた。

今のピースだと、検査出来る材料が血液とおしっこの2つしかないみたい。

異物を食べてしまったからと言って、高熱が出るとは考えにくい。
熱の原因が分からない。
白血球の減少は身体の中に何か炎症や何かと闘っているからか、ウイルス性かもしれないけど、それもまだ分からない。
点滴が終わって様子を診てまた考えますからと先生は仰っていた。

抗生物質と解熱鎮痛剤を打ち、今朝のおしっこが真っ黄色だった事から『水分が足りてない。今日は点滴1リットルします。夕方5時半に迎えに来て下さい。』と、また預ける事に…。
その間に変化があったら電話をしますと仰ってくれた。
あと、食事も出したり体温も随時測ったりおしっこ等も様子を看ますとの事。
ピースに『がんばれ!』としか言えなかった。

車に乗って一度帰宅したけど、運転中も帰ってからも涙が止まらない。

『ピーちゃんいい子なのになんで?』

ネットで色々検索しても当てはまる事が今のところ無い。

先生も過去の診察例をさかのぼって考えてくれてる様子だったけど、
昨日『申し訳ないけど今はまだ何が原因かと言えない。』
『病院だから頑張って歩いたりしてるけど家に帰ったらグテっとしちゃうと思うよ』と。。。

今日の夕方帰って来てからも、明日もそうなっちゃうの???

ピーちゃん、ごはん作って待ってるよ!!
夕方になったらお迎えに行くからね!がんばるんだよ!
みんなピーちゃんを待ってるよ!

Posted by りん
comment:0   trackback:0
[病院・病気

thema:わんことの生活 - genre:ペット


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。